ソンブーン シーフード

ソンブーン シーフードレストランといえば、バンコクでも有名な
シーフドレストランですよね。 タイ旅行のガイドブックにも必ず載っていますし、
人気の旅行ブロガーの方や、美食ブロガーも必ず押さえている名店です。

ソンブーンシーフードはバンコクに5店舗あるそうですが(未確認)、
私がいつも行くのは「バンタットン本店」

いつも行く~とか書きましたが、いつも連れて行ってもらってるだけで、
実際は場所もよくわかりません(笑)。
もちろんタクシーに説明も出来ません。

このお店に行くときは、タイ人数人と行くことが多いのですが、
タイ人はソンブーンは中華料理だと言います。

旅行本や旅サイトでは「プーパッポンカリー発祥のお店」、
タイの海鮮料理を代表するタイ料理の名店とされていますね。

どっちが正しいのか分かりませんが(タイ人もテキトーな事言ってることが多いので)
味的には中華料理、店の作りも中華風ですね。

それはいいとして、このお店は有名店だけあって確かに美味しいです。

これは間違いないですね、「必ず足を運んだほうがいいレストラン」という
評判も、全くその通りだと思います。

ただ「プーパッポンカリー」に関しては、飛び抜けてウマイという印象は
私にはありません。

ソンブーン シーフードレストラン

個人的にはですが、ソンブーンシーフードで好きな料理はというと、

  1. エビ
  2. 牡蠣
  3. あんかけ

特におすすめは牡蠣の料理。
生牡蠣もl全然いけますし、カキの玉子炒めは最高ですよ。

ソンブーン シーフードレストラン

ソンブーン シーフードレストラン

(生のカキはチリソースと、赤たまねぎのチップ(フライ)と唐辛子で食べます)

それから「あんかけ」と書きましたが、これは中華風炒めものですね。
写真ではアスパラとエビ炒めですが、これも美味しいです。
この中華風塩あんかけ味?みたいなのが大好きです。

そしてなんといっても一番おすすめなのは「クン・オップ・ウンセン」、
エビの春雨蒸し。

ここのクン・オップ・ウンセンは、エビの美味しさもさることながら、
香辛料の量と味付けが完璧なので、春雨もバカウマです。
そうそう、エビミソが美味しいんですよね~、ここのは。

なので私は、蟹カレー炒めより、海老カレー炒めのほうが好きです。

ソンブーンシーフードには、小泉元首相も来たことがあるそうですが、
日本人がいつもたくさんいます。

日本にある、タイ料理の有名店といってもいいぐらい日本人が多いです。
ここまで日本人の多いレストランって他にあったかな?なんて思うほど。

ただ旅行者の場合この界隈では、帰りのタクシーを捕まえるのが
本当に大変です。

この近辺のタクシーは、なかなか止まらないし、止まっても乗車拒否か
法外な料金を請求してくることが多いです。
ここが改善されたら、もっとバンコクが好きになるんだけどなぁと、
いつも思います。

というか、経済のマイナス効果がものすごいと思うんですけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA