タイのチップについて

タイでのお会計、チェック時のお話です。

買い物や食事の支払い時、日本とタイで違う事があるとすれば、

「チップ」 だと思います。

基本的にタイはチップを払うのですが、アメリカほど多くは払いません。

アメリカは10~20%位が普通だと思いますが、タイ人で
10%払う人はあまり見ませんね。
というより、欧米に比べるとチップを払わない場所が多いという
感じですね。

今度、タイのチップの話を詳しく書こうと思いますが、
今回はその話ではありません。

タイでタイ人と食事に行って、料理を沢山頼んだ時や、
スーパーで多めの買い物をした時などの支払い時、
タイ人の行動で凄く気になる事があります。

お気づきの人も多いと思いますが、彼らは伝票やレシートを事細かに
チェックするんですね(結構長い時間かけてチェックです)。
そして少しでも不明なところがあると、後ろに何人並んでいようが、
店員にキッチリ説明させます。

最初これに気付いた時、タイでは水増し請求みたいなのが
多いのか? と思いつつ、何人かのタイ人に「何で?」
と聞いてみました。

すると人によって答えが違うのですが、「そんなの当然だ」という人、
「昔は悪い店員が多かったらしい」、「タイ人はいい加減だから、
見ないとダメ」などという答えが返ってきました。

でも最近思うのですが、これはタイ人が正しいんでしょうね。
悪い店員がどうこうではなくても、誰でもミスはありますから。
それに「当然だ」という人が一番多く、思わず「そうだね、その通りだ」と
私も返してましたし。

日本人は前から平和ボケしているなんて言われますが、
こういうところからキッチリしていくのが世界では普通なんだ
と考えるようにしたほうがいいんでしょうね。


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA