タイ移住ブログ

スポンサーリンク

2018年の6月1日からタイ・チェンマイに移住しました!

過去に海外への長期滞在は何度かあったのですが、健康保険を返却し、携帯電話も解約、そして海外への片道航空券を購入したというのは初めての経験です。

30年住んだ東京都の区役所で出した転出届の転出先は「タイ」。

これからの一生をここ、タイで過ごす予定です。

 

自己紹介

私は昭和40年代生まれ、東京育ちの日本人です。

現在は一歳下のタイ人妻(子供は無し)と、その両親の4人でチェンマイ郊外に住んでいます。

仕事は日本でIT・ウェブマーケティングの小さな会社を経営しています。

タイにはこの十数年で10回以上は来ていますので、特に心配することもなく移住を決める事が出来ました。

ただしタイ語は全くダメで、本当にサワディーカップぐらいしか話せません(笑)。

ですが、過去にアメリカ、ヨーロッパ、南米と数ヶ月単位で住んだことがありますが、どれも少々の英語だけで乗り切りました。まあ、自慢になりませんが・・

このブログではタイでの生活を主に書いていきますが、これから海外移住をお考えの方に役立つような話をたくさん書けたらいいなと思っています。

タイに限らず、日本人にはどんどん海外に出て楽しんで欲しいですね。

 

移住と仕事

私の周りで海外移住をした人は、今までで数十人はいたと思います。

そんな知り合いの海外移住者ですが、そのまま海外に住み続ける人と、日本に帰ってくる人が当然います。

この住み続けられるか?それとも帰国するか?を分ける大きな問題が、仕事 です。

これ、「仕事」を「お金」に置き換えることも出来るのですが、お金はあっても帰国を選ぶという人も少なからず存在します。

そしてそういう人の90%以上は、海外で仕事が無い事に我慢できず帰国を選んでいます。

もちろん、お金が尽きて帰る人の方が多いのですが、私の知る限りお金が有る無しに関わらず、移住先で仕事が無い人の場合は高確率で帰国する道を選んでいます。

例えば定年退職をされた方でも、数年もすると退屈を持て余して、結局は日本に帰るという話も多いです。

なので年齢に関係なく、できれば何か仕事があると、移住先でもうまくやっていけるのだと思います。

 

海外移住時の住居について

どこに住むか?

そして海外移住の場合、住む所が持ち家か?賃貸か?でも、帰国率は大きく変わってくるようです。

これも「家」を、「お金」に置き換えることが出来るのですが、やはりお金を別にしても、どうしても持ち家の人ほど移住がうまくいくケースが多いように感じます。

私自身、日本に住んでいた時は絶対に賃貸派でした。だから移住したのかな?とも思いますが(笑)、東京の場合はいろいろな理由で賃貸のほうが有利だと思います。

特に東京都心の場合、土地付き一戸建てを購入するというのは、現実的に一般人にはかなり難しいです。

なので多くの人はマンションを購入することになるのですが、日本のマンションは管理費+修繕積立だけで毎月5万、7万の支払いなんて、当たり前にありますよね。

毎月のローンの支払+この支払では、いくら税制上の優遇措置があっても条件が厳しすぎるでしょう。しかも終身雇用制度が完全に崩壊した現在、長期・高額のローン支払いは危険すぎます。

 

反対にタイの場合は、よほどの市街地でない限り、土地はそこまで高くありませんし、コンドミニアムも日本に比べれば割安です。*私はコンドミニアム購入・否定派です。

ただ、タイの場合は法律上、「外国人は土地を買うことが出来ない」というのがネックになります。

私の場合は家が妻の実家なので、土地を買う必要がなかったというのがラッキーでした。

なので移住を成功させるには、家族の土地に住める、またはコンドミニアムを購入できる経済力があるという人が、有利になるのだと思います。

それともう一つ、タイの場合は今でも土地の価格が下がっていないという理由もあります。

日本のように土地の価格が大きく下がってしまったとかの話はほとんど聞きませんし、コンドミニアムにしても、日本のマンションほど買値と売値が乖離しません。*実際に売れるか?は別として。

一時の日本のタワマンのように、中古価格が跳ね上がるなんてケースもチェンマイですらよく聞く話です。

こういう理由からも、タイで賃貸はあまりメリットが無いと言えます。

タイに移住を考える場合は、この住居問題を真っ先に片付けるとうまくいくようです。

 

人間関係

人間関係はどこでも重要ですが、海外移住者にとっては自分がマイノリティになる訳ですから、それは大きな問題になります。

この人間関係がうまく行かず=帰国というパターンですが、一番多いのは「離婚」、その後「帰国」です。

ですがこれは仕方がないのかな?と、私は思っています。

別にタイ人だけ離婚が多いわけでは無いですし、確か日本の離婚率も30%を超えていたはず、もうこればっかりは仕方がないとしか言えないでしょう。

ですが、家族間の関係は良好、でもそれ以外が無さすぎて寂しい・・と言って帰国する人も少なくありません。

これは私の周りに限りますと、そもそも本人が寂しがり屋という場合が多いです。

旅行で来たタイが気に入って・・なんてタイプが多いのですが、こういうパターンの人は最初から割り切っていればいいのかもしれません。

こっちを楽しむだけ楽しんで帰ろう!みたいな感じですね。

あとは私の周りではあまり聞きませんが、お金の絡む人間関係はスッパリ切った方がいいようです。

お金の貸し借り、投資話、こういう話が交友関係から出た場合は、無条件で切ると決めておくのがおすすめです。

ですがよく聞く厄介なパターンは、家族内でお金を貸して!というものです。

それもかなりの大金だったりします。

ですがこれは自分自身で解決しかないでしょう。

家族なら貸す事でうまくいく事もあるのかも・・・・・・しれませんよね。

まあ可能ならば、とりあえず断るのがいいように思いますが・・

 

一生に一度は海外に移住しよう!

と、いろいろ書いてきましたが、私が一つ確実に言えることは、一生に一度は海外移住をしょう!ということです。

ビジネスでよく言う話なら、日本国内で狭いパイを取り合って疲弊するなら、海外に出よう!というものですし、学生なら、若いうちに世界を見ておこう!というものです。

世界に出ると誰でも考え方が変わりますし、その経験は普通に過ごしていては決して得られないものばかりです。

移住して外国に骨を埋めるのも良し、海外での経験を帰国後に日本で生かすのも良し、いずれにしても強く、賢くなることは確実です。

ここまで書いてきたことと少し矛盾しますが、年齢関係なくチャンスがあるなら飛びついてしまえばいいと思います!

私の経験は、これからこのブログで書いていきます。

移住をお考えの方はぜひご参考に、もう移住されている方はご自身と比較して楽しんでください。