タイでお店をやるのはキビシイ

タイでお店を経営する ビジネスをしよう!
スポンサーリンク

 

「タイでお店をやった」という人の話です。

お店と言ってもイロイロな業種がありますし、規模も様々。

なので今回は小規模・物販or飲食に限定します。

ちなみに経営者は日本人か、日本人に関係のあるタイ人です。

 

そして残念なが上手く言った!という話ではなく、ダメだった方ですね。

なぜダメだったか?タイでものすごく多いダメパターンを1つ。

 

最初にウチの妻の母が、自宅を改造して商店(コンビニみたいな感じ)をやった時の話です。

これはだいぶ前の話で、妻と知り合う前の事、20年前ぐらいだと思います。

 

当時はまだタイでコンビニは珍しく、ウチはチェンマイ市街から2~30kmの場所。

目立った商業施設もなく、一軒家が並ぶタイでは普通の住宅地です。

 

この場所でオカーサンが商店を始めるのですが、日本で言えば駄菓子屋のOO商店とか、酒屋みたいな感じですね。ただお酒は置いてなかったそうです。

*余談ですが、5年ぐらい前までのタイは、日中スーパーでもお酒を買うことができなかった覚えがあります。

 

ここでオカーサンが商店をやる理由、というか儲かるかも?と思った理由は、ここから町までは20km以上、大手スーパーでも20kmはある。

近所にはバイクだけで車がないという家も多い。それなら安い一般のお店で仕入れて、少し乗せて売っても儲かるだろう。特に市場に無いような品は売れるだろう。と考えたそうです。

 

タイでお店をやる
(こんな感じの郊外の話です。もうちょっと田舎かな?)

 

この近所は人も多いし、ある程度密集しているので、地元の人がやるならまあ悪くないかも、という感じです。これで一家全員食べるというのはキツイかもしれませんが、小遣い程度にはなるだろうと思います。

特に家賃も人件費もかからないので、失敗してもしれてますよね。

 

ところがタイはそんなに甘くないようです。

最初はお店をオープンすると近所の人がちょこちょこ来てくれる。

普通に買ってくれて、これなら行ける!と思ったそうです。

 

しかしお店がいい感じに回りだすと、多くなるのが「ツケ」です。

「サイフを置いてきたから」とか、「ちょっと寄ってみただけだけど、後で持ってくるから」とかだそうですが、皆40年級の付き合いがあるご近所さん。

 

日本人の感覚からすれば、そんな古いつきあいのご近所さんが、ツケを踏み倒すなんてありえない話ですよね。

恥ずかしくて出来るわけが無いと。

 

ところがタイは全然違うようです。

最初は古くからの友人なのでツケを許していたけど、毎回ツケなのですぐに金額も大きくなります。オカーサンは月末に払うだろうと考えていると、誰も払いに来ない。それどころか、またツケでと言い残し商品を持っていく(笑)。

 

これじゃあやっていけないと、ツケを回収する事になります。

するとどうなると思います?

ここからはタイ特有のおそろしい話です。

 

ツケを払ってくれと催促すると、言われた方はだいたいこんなパターンの態度になります。

  1. 分かったと言って、少し(10%ぐらい)払う。
  2. 分かったと言って、今月末になど、支払い期限を約束する。
  3. ツケの金額が少ない人は全額払う人もいる。

お分かりの通リ、1と2でちゃんと返すなんて人はほとんどいません。

ですがタイ人の恐ろしさはここからです。

 

例えば1の人、仮にツケ総額が1万円だとすると、今日1000円置いていきます。

ただし帰り際に、「払ったから、ツケでお願い」と2000円分の商品をツケで持っていくのです。

凄いでしょ(笑)。払ってるのにプラスになってるじゃないですか!

 

次に2の人。

お分かりですね(笑)。月末払うから~と言って、ツケを要求してくるのです。

 

そうです、3の人も「全額払ってお金がないから~」とツケです(笑)。

 

でもタイ人の本当の恐ろしさはここからです。

こんなことでは客が来る度にマイナスになると、オカーサンはツケを廃止、そして回収に近所の家を回ります。

 

いつも「サイフをおいてきたから」とか、「買い物する気はなかったのに、ちょっと寄ったら必要だったから」などと言い訳をされているので、回収に回ったという訳です。

そうすると、ほとんどの人が多少払ったらしいですが、「無い」の一点張りの人も。

なんとかしてくれというと、とんでもない勢いで逆ギレされたそうです。

さらに問題はその後です。

 

まずお店の客数が激減。1日30~40人来ていた客が全く来なくなったと。

そしてお隣さんなど、どうしても顔を会わせるご近所さんからは、「みんなアンタのことをものすごく怒っている」と聞かされたそうです。

人に家にいきなりやってきて「金を払え」と言われた。家族の前で恥をかかされた。

私も、私もと、近所中がアンタの事を怒ってるよ、と・・・

 

さらに、それでもお店に来てツケを要求する強者も。

こういう人は「払ったのだから(10%程度)ツケは当然でしょ!」と、半ば怒鳴りこんで来たとか。

結局ツケを再開しても近所の人に喰われるだけなので、数少ない現金払いの人だけを相手に、数ヶ月は細々とやっていたそうです。

 

すると回収に家庭訪問した人がチラホラ来店するようになります。

そこで例によって、ほとんどの人がツケを要求(笑)。

この時は、何もなかったように、「ごめん、財布忘れたから今回だけいい?」と笑顔で聞かれたとか(笑)。

 

当然オカーサンは、「まだツケがあるんだけど」と言います。

するとみんな申し合わせたかのように、「そんな商売のやり方で客が来るわけ無いよ!」と、ご丁寧に指導されるそうです。

タイでお店をやる
(このくらい大きい通リに面していると、また違う見方が出来ると思います。)

 

結局近所づきあいも難しくなり、やっている意味もないので閉店したそうですが、私が一番驚いたのがこの後。

 

以前当時のツケを記したノートをたまたま見つけた時、妻にこの話を聞きいたのですが、これなんて書いてあるの?と聞くと、この名前は隣のOO、これはさっき会ったOO、これは昨日ウチにちょこっと寄ったOO・・・・・

それ本当に超近所じゃないの! それも今、普通に付き合ってるけど?

 

タイ人は全然平気なんですね。

もちろんツケなんて払っていないそうですし、閉店したことでチャラだという認識だそうです。

日本人の感覚から言うと、ありえない話ですが、タイでは普通にあるそうです。

 

確かに飲食をやっている若い友人(タイ人)も、みんなツケで倒れています。

でもそれは街だから起こる事だと思っていましたが、数十年になる付き合いのあるご近所さんまで、そんな事をするのです。

でももしこれが別のウチだったら、ウチの家族もツケを要求するのかな?とチョット考えました(笑)。

もちろん聞いてみましたが、ウチの家族はそんな恥ずかしいことはしない・・・と言っていましたが(笑)。

 

ところでそんな話をあるお店でしていると、一緒にいたネパール人がいいました。

「ネパールも同じだよ」と。

飲食のお店なんかやったら、後で払うなんて近所の知り合いや友人、全然知らない人まで来る。そんな大変なこと、絶対にやりたくない!

 

タイの繁華街ではなく、家の近所で何かお店をやろうとお考えの方、ツケには注意してください。

ポチッ↓とお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

コメント