ゴムの木は儲かるのか?

タイでゴムの木栽培 ビジネスをしよう!
スポンサーリンク

タイに移住を考えている人や、ロングステイを考えている人と話すとき、必ず話題になるのが「仕事」ですよね。

 

移住する時点で仕事は上がってるよ~なんて年配の方は言うのですが、だいたいこれは最初だけ。 私が知る限り、ほぼ100%の人がタイ移住後に仕事を考えます。

 

もちろん会社で働こうという人はいません。 そうではなく自営で何かを始めるということですね。 そして日本人が選ぶ職種で多いのが、

 

  • タイラーメン屋さん(タイ料理含む)
  • 日本ラーメン屋さん
  • 焼き鳥屋さん(小さな居酒屋)
  • タイマッサージ

 

こんな感じではないでしょうか?

そして旅行代理店とか、不動産とかをやろうとする人も多いですね。

 

何をやっても商売は難しいのですが、それは日本もタイも変わりません。

日本より少額で出来る分、やるならタイのほうがいいんじゃないかな?と私は思っています。 それにヒマを持て余すのは精神的によくないですよね。

 

そして何年か前からですが(7~8年?)こんな商売を考えているという方の話をよく聞くようになりました。

 

そうです、今回のタイトル、「ゴムの木の栽培」です。

 

タイ ゴムの木栽培

 

この商売、もともと私が聞いた話はこうでした。

 

  • ゴムの木から取れるゴムの樹液は高く売れる (これは本当)
  • ほぼメンテナンスフリー (だいたいそんな感じ)
  • 苗木が安い(前はそうでしたが、最近は不明)
  • ゴムの樹液を採取するだけだから仕事は楽 (これはたぶん間違い)
  • 大変なら人を雇って運営だけすればいい (この考えだと相当デカイ規模が必要)

 

ゴムの木栽培のいいところは、栽培自体がそれほど繊細な作業では無い事、そして採取できるようになれば、買ってくれる業者がちゃんといること、この2点が大きなメリットだと思います。

 

ですが、これだけで食べていこうとか、家族を養おうと思ったら、相当大きな敷地が必要で、木も少なくても数百単位でないと難しいでしょう。

さらにゴムの樹液採取は、一人で出来るようなものではありません。

時間もかかりますし、労力も楽な部類には入らないと思います。

 

さらにデメリットを上げると、苗木から採取可能なまでに成長させるのに5年近くかかることがあります。 採取可能なゴムの木は当然高価です。

しかも環境を変えたら枯れる可能性も十分にあります。

 

ですので時間が必要になります。

とはいえ、最初に上げたメリットは大きいです。

趣味の延長として考えたりするなら、素晴らしい結果が待っていると思います。

私の周りでも、何人かがこの商売で稼いでいます。

 

私も彼らとは別で栽培しているのですが、楽しくてしょうがないですね。

まだ本格的な採取は始めていませんが、もう少しで可能な所まで来ました。

本当に5年かかりましたね(笑)。

 

 

タイでゴムの木栽培

(↑この太さで苗木から4年と少しです。成長は速いですよね。)

 

どのくらい儲かるのかは、まだ良くわからないのですが、たぶんマイナスはないだろうと思っています。

たいした規模ではないので、それで十分です。

 

私は畑仕事とか大好きなので、全然苦になりません。

盆栽とか好きな方もいいんじゃないかな? と思います。

まあ、そういった自然が嫌いな人は、タイに移住なんて考えませんよね(笑)。

いや、バンコク好きの方はそんなこともないか?

 

ということで、ゴムの木栽培で儲かるか? の答えは・・・

小遣い程度なら十分になる。 趣味にも運動にもなると言った感じです。

この話には続きがあります。5年後、どうなったか?は、こちらでどうぞ=ゴムの木の栽培は儲かるのか? あれから5年後、どうなった!?

ポチッ↓とお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント

  1. なお より:

    知り合いで11エーカーの土地でゴムの木栽培を考えている人がいます。
    土地は奥さんの土地です。

    場所はプーケットだそうでたぶん中心部からはかなり離れているところだと思います。

    これくらいの広さだとどうなんでしょうかね。

    • ピタック より:

      >なおさん、はじめまして。
      広さは全然問題ないと思います。
      市街地から離れていることも大してデメリットにはならないと
      思いますし、土地の一部でも十分だと思います。
      あと注意すべきは「水」だそうです。
      タイの場合水路は豊富なので大丈夫だと思いますが。

  2. 倉田 徹 より:

    私はタイ人と結婚しておりますが、約10年前、プーケットの近くで購入したゴムの木の苗を妻の所有しているスパンブリ県ダンチャーンの農地に植えました。農地に植えたゴムの木は育たなかったのですが、農地の入り口にあった妻の祖父母の家の跡地に植えた10本程度の苗は少しばかり成長して、7年前には高さ4mぐらいになっていました。今、ゴムの木のことが気になっていますが、ゴムの木の名前を忘れてしまいました。私が覚えていることは、タイ人がそのゴムの木のことをマイサという木に似ていると言っていたことです。ですので、マイサに似ているゴムの木のタイ語名が分かりましたならば、その名前をお教えいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

    • ピタック より:

      こんにちは。
      私は木に詳しくないので、自分のゴムの木の事も、その木のことも残念ながらわかりません。
      ただ「マイサ」のような発音の木は、確か家の建材に使う木であったような気がします。
      結構高価な木で、タイで人気の建材(材木?)だったと思います。
      加工されているものは見たことがあるのですが、まだ樹木の状態では見たことがないのでなんとも言えません。
      6月あたりにまたタイに行きますので、もし分かったらお知らせします。