タイ人の職場で感じる事

バンコク ビジネス ビジネスをしよう!
スポンサーリンク

タイ人の職場で感じる事、これには意味が2つあります。

1つは日本で働いているタイ人の職場に関して。

もう1つはタイで働いているタイ人に関してです。

 

この2つは全く違う環境なのですが、ある条件を満たすと全く同じ問題が見えてきます。

 

このある条件とは、

① タイ人(外国人でもいい)が、日本の飲食店や工場などでアルバイトをしているパターン。

② タイの場合もある程度似ている環境ですが、タイ国内で小規模の店舗などで仕事をしているパターン。

 

日本で働いているタイ人(アジア系外国人)の場合、最近は大手企業のサラリーマンもよく見かけるようになりましたが、圧倒的多数は①のようなタイ料理店の店員さんや、工場、ホテルのアルバイトです。

タイと日本では、まだ賃金格差があるので、日本が不況だろうが円安傾向だろうが、まだまだ賃金は日本が高いです。

なのでタイ人がタイの一流企業に就職し出世を待つより、日本など平均賃金の高い外国で単純労働につけば、簡単に稼げるという構図が今も健在です。

この場合の彼らの時給は、東京都内でも1000円以下が多いです。

850円とか900円とかが多い気がします。

 

それでも一ヶ月ガッツリ働けば月25万円前後にはなるので、タイに送金なり持ち帰るなりすれば、タイの家族や本人は裕福な生活が出来ます。

これが何年も続くなら、まあある意味成功者ですよね。

タイ国内で働いて、家族に月10万円以上の送金ができるなんて、そうそうあることではありません。

 

そして今回の話ですが、ポイントは「これが何年も続くなら~」というところです。

本人にとっては、ある種の成功です。 日本人(またはタイ人)経営者にとっては、従業員に成功を与え、会社(またはお店)は安い給料で済む。

お互いにメリットがある・・・・と言いたいところですが、タイ人や外国人が働く多くの会社や店舗を見てきた私には、これがとんでもない問題を引き起こしていると確信しています。

ちなみのこの状況は、タイで小規模企業で働いている場合(②ですね)でも、全く同じ問題が起こっています。

 

 

出世=仕事をしないで給料をもらう

 

日本でタイ人が働く多くの場合、昇給がほとんどありません。

要するに、いくらがんばろうが、給料は同じなのです。

タイ人が多く働く飲食チェーンでは、まず例外なくこの状況にあります。

 

これ、逆に言うと、「いくら働かなくても給料は同じ」です。

どうしてこういうシステムを採用しているのか全く理解できませんが、この環境を作るとお店や会社がこういう風になります。

 

まず長く働いている者が一応エライということになる。

でもこのエラくなった人物はいくら頑張っても歩合がもらえるわけでも、時給が上がるわけでもない。

だから自分が全く動かず、新しく入ってきたアルバイトに全てやらせるようになる。

さらにどこへ行っても、昇給無しは同じなので、長く働いて「自分が動かなくて済む立場」になったら、この人物は絶対に辞めません。

それはそうですよね、これが出世の頂点ですから。

 

さらにこの人物が、変な派閥を作り始めます。

自分たちのスタイルを壊そうとする者が入ってくると、この派閥が黙ってはいません。

こうして経営者は全く働かない人物に、ずっと給料を払い続けることになります。

 

そして最も最悪なのは、店が忙しくなることを嫌うようになります。

それはそうですよね、誰もこなくて寝ていても、足腰立たなくなるほど働いても、時給は同じ850円前後です。

もしエラくなった人物が男なら、一般客には無愛想、それこそ帰ってくれ一歩手前みたい対応をし、若い女の子が来ると喜ぶ・・みたいになるのが簡単に予想できます。

こうなると店の売上は確実に落ちるでしょう。上がるはずがありません。

 

ここで疑問が生まれます、「なんで経営者は、そんな事を放っておくの?」・・・普通は思いますよね。

ですが私が知る限り、ある程度の規模のチェーン店を持った、タイ人など外国人を雇う中小企業の経営者は、まず店舗の内情なんて知りません。

いや、知らないどころか、店にも来ません。

要するに何もしないで金を吸い上げる。 ある種の不労所得を目指します。

 

もちろん野心のある人もいます。

一年中商売の事を考えてるタイプもごく少数ですがいます。

ですがこのタイプの経営者は、飲食業の利益の低さに嫌気が差し、すぐに別の事業に目が向きます。

タイ人が多く働くといえばタイ料理店ですが、日本のラーメンブームみたいに一店舗で月数百万の純利益なんて、タイ料理店では難しいですよね。

 

まあ数百万は夢見ないにしても、経営者は30万円~50万円以上の純利を考えています。

ですが今の日本では、それも非常に難しいです。

よく言われますが、東京23区内の飲食店の9割は、開店後一年以内に閉店するそうです。

さらにその5年後には、残った1割の9割も閉店するそうです。

 

なのでアルバイトの時給を10円でも下げたいと考えるのは普通でしょう。

ですが多くの場合、それが原因で何もしない人間に給料を払うハメになっています。

 

これ実はこの光景をタイでも何度も見ています。

全然働かない偉そうなのが一人いるので、経営者かと思っていたら、ただの勤続年数の長い従業員だったと。

タイ人の場合、この出世=タダで給料を貰う、みたいな考えの人間が非常に多いです。

もちろん本人はそんな事は言いませんし、経営者の前ではいきなり働き出します。

タイで起業しよう、お店を開店しようという人は、注意が必要だと思います。

 

最近気づいたのですが、これはタイ人だけではなくアジア圏の多くがそうですね。

明らかに違うのは中国人で、彼らはものすごく頑張るタイプと、そうでないタイプに分かれます。

そうでないタイプは、最初から働く気もないカスですね。

こういうタイプはどこの国にもいますが、中国人の場合は真ん中がなくて、最高か、全くダメかになる場合が多いです。

そして中国人の場合、自分で独立しようとしますので、出世や長く務める事なんて考えません。

ですが何もしないで給料を貰う者より、経営者にとっては断然いいですよね。

 

バンコクは変わってきた

ですが、最近バンコクなどの若者の一部は変わってきたように見えます。

 

私はネットでのマーケティング関連の仕事をしていますが、この仕事関連でタイ人と会う機会がたまにあります。

昔はタイの企業経営者が日本で何かを売りたいとかの相談を受けることが多かったですが、最近は20代から30代後半の会社員が、ネットビジネスの相談をしてきます。

これ会社員というところがミソで、「副業でネットビジネスを始め、いずれ起業したい」みたいな事を皆が言います。

 

日本とタイでは流通システムが大きく違うので、一概に言えませんがチャンスはありますよ~みたいに、いつも答えています(相手が真剣な場合は、もっと具体的にお話します)。

こういう人達は、「頑張って稼ぎたい!」みたいな気持ちが伝わってきます。

何か変りましたよ。 少し前まで、タイでそんな話を聞くことは皆無でしたから。

そういう人は日本にアルバイトにはこないと思うので、日本での現状は当分変わらないと思います。

ですがタイはどんどん変わっていくのかな?と感じています。

 

 

コメント