タイでバイク!

傘をさしてバイクに乗るタイ人 タイ滞在日記
スポンサーリンク

タイでバイクに乗るときの注意という記事=こちら
の続きなのですが、今度は別の角度でも紹介したいと思います。

この前はタイでもバイクはヘルメット着用義務があり、
意外と厳しいですよと、書きました。 ですがそこはタイです。
やはり適当に守るという人も多いですし、そんな法律があることも
知らないのでは?と見える人たちも多いです。

 

写真の人、若いタイ人カップルだと思うのですが、バイクに2人乗りで
傘さしてます(笑)。

それ効果あるの?と聞きたくなりますよね。
これはさすがに日本では見られない光景だと思います。

しかもこのバイク、ナンバー付いていませんね(笑)。
ここはチェンマイの有名ゴルフ場周囲の道なので、市街地からは
30km以上ある郊外です。

ナンバー無しバイクは、以前はかなり多かったのですが、
最近はチェンマイでもそんなに見かけなくなりました。
ナンバー無しは納税なしということですから、捕まると少し大変
だと思います。

ただ、取り締まり対象になる序列では、ノーヘル>ナンバー無し
なんです。 ここは日本とかなり違いますよね。
日本でナンバー無しは、かなり厳しいでしから。

タイのノーヘルバイク

 

↑この人はナンバー無しの上にノーヘルですね~

帽子はかぶっていますが、さすがにタイでもこれは停められます。
ただここはチェンマイの市街地周辺、やっぱりまだいるんだなぁという感じです。

ということですが、実際にタイでクルマやバイクを運転してみると、
ナンバー無しやノーヘルはかなり少ないです。

街中はどこの都市でもそうですし、バンコクは特に少ないです。
なのでバイクに乗るときは、面倒でもヘルメット着用は必須ですね。

ちなみにレンタルバイク屋さんでは、ヘルメットも貸してくれます。
↓の写真のように、欧米からの旅行者も現在はほとんどメット着用です。

タイでバイク

 

チェンマイあたりですと、欧米系の5~6人の集団がこんな感じで

バイクで旅行している姿を頻繁に見かけます。

この写真はメーサーエレファントキャンプの近くですが、
このあたりではバイクに乗った旅行者と沢山会えるので、
旅の出会いが好きな人にはすごくオススメのスポットです。

みんな普通に声を掛けてきますので、グループで行くと特に
楽しいと思います。

こちらも↓お願いします 😛

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

コメント