タイの肉事情

タイの市場 レストラン 料理
スポンサーリンク

タイ人に、「どういう食べ物が好き?」と聞くと、
結構な割合で内臓系の肉(モツですね)という答えが
返ってきます。
いや、タイ人というより、日本を除くアジア人といったほうが
いいかもしれません。

この 「モツ」について今回はお話します。
このモツですが、日本だとホルモンとかモツ煮込みとか、
レバー炒めとか、モツが主役の料理が多いですが、
タイ料理や中華では、モツ系の肉をダシの一部のように
使う料理が多いです。

 

例えばタイラーメンなんかもそうで、美味しい店では、
モツを上手に使ってスープを良い味に仕上げています。

(市場でもスーパーでも内臓系は高いッス。)
そして今回のタイ旅行で初めて気付いたのですが、
タイでは豚でも鳥でも、一般の肉より、内臓系のほうが、
価格が高いです。
これは昔、中国人にもそう聞いたことがあるのですが,
バラとか、ロースとかより、モツ系の肉のほうが高いんですね。

日本は違いますよね。
そこで日本でタイ人に聞いてみると、確かにタイはモツのほうが
高い、でも取れる量が少ないんだから当たり前じゃないか?
と言われました。

まあ、そう考えてみるとそうですよね。
日本もだいぶ前から「モツ鍋ブーム」があったりしましたが、
まだまだ日本人は内蔵を食べる習慣がないという事ですね。

だから何なんだ?と言われそうですが、
内臓のほうが高いと知った時に、かなり驚いたので
書いてみました。

コメント