飲食店でタイ人スタッフを雇うとどうなるか?

池袋サンシャイン

 

年末にタイ人主催の忘年会に行ってきました。

その時の会場は池袋サンシャインシティ3Fにある「焼肉トラジ園」というお店でした。

 

タイ人との忘年会で何で焼肉?と少し思いましたが、その前にこのお店、

かなりの人気店のようで、店外には7~8組ほどの人が並んでいます。

すごく綺麗なお店で、焼肉屋のイメージはほとんど無し。

 

「へえ~こんなお店あるんだ」なんて思いながら席に着くと、

私以外は全員タイ人。 あぁこれは注文してあげないとダメか、と思い

個室座敷席の一番入口側に座りました。

 

呼び出しボタンを押して注文しようとすると、現れたのは

なんとタイ人スタッフ。

なんだそういうことか、ということで、注文も全てみんなにおまかせ。

 

焼肉

 

このタイ人スタッフの方は役職もついていて、お店でも古株なんだとか。

もちろん焼肉にも詳しいので、いろいろ珍しいものも出してもらいました。

 

そしてここに集まっているタイ人の多くは、ここの常連なんだとか。

別に観光地でなくても、タイ人スタッフが1人いるだけで、

日本でもこうやって相当数のお客さんが呼べるのです。

しかも客が客を呼んでいます。

 

今回のメンバーの中には、日本在住ではない観光のタイ人もいました。

この焼肉屋さんは割りと大きな飲食チェーンのようなのですが、

スタッフに外国人を雇うメリットをよく理解してるようです。

 

まあ焼肉といえば、もともと韓国ですし、このお店も韓国系なんだと

思います。 そしてこのお店はバンコクにも進出が決まっているのだとか。

現在建築中のバンコクの新デパートに出店するそうです。

ちなみにタイのセントラルグループの会長が、新たな取引先の視察も兼ねて

わざわざ食べに来たそうです。

 

もちろん日本の飲食チェーンがタイで出遅れているとは思いませんが、

日本で役職のついたタイ人スタッフなんて、まず見かけないのも事実。

なんかこういう面では、相変わらず日本はグローバルに馴染めてないなぁ

なんて感じますね。 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください