タイの反政府デモ 2013 11月

タイ反政府デモ その他タイ関連
スポンサーリンク

2013年11月現在も続いているタイ・バンコクの反政府デモについてです。

 

タイ反政府デモ

 

まず日本での扱いですが、2010年の赤vs黄色デモ時と比較すると、

かなり小さな扱いになっています。

 

この理由は、このデモ集会が始まる寸前に安部首相がタクシン氏と会談した

というニュースがあったからでしょうか? まあ安倍さんのタイミングとしては、

結果的に最悪でしたね(笑)。

 

まあ日本での扱いが小さい理由はよくわかりませんが、私がタイの友人に直接

聞いたところでは、「前回のデモと今回は大きく違うんだ」という事なので、

その事を少し書いてみます。

*私はタイの政治に関してほとんど知識はありません。

正直言ってよくわかりません。

 

 

2010年のデモとの違い

 

まずこのデモについてですが、多くの日本人と同じく、私も2010年と同じもの

と考えていました。

 

ところが今回、前回と大きく違う点は、私の友人も含め多くの一般市民が

参加しているところだと思います。

この私の友人は、これといって政治的思想なんて持ち合わせていないような

人生を送っているので(ゴメン)、このデモに参加していると聞いてかなりビックリしました。

 

ですが他の友人も参加しているみたいですし、前回との違いをよく聞いて

みました。 すると、前回はタイ民主党とタクシン派による、ただの政治闘争。

今回はタクシン氏の恩赦法案が通ったことからの不公平感から始まっている

とのことです。

 

多くのタイ国民にとって、タクシン氏が国外追放状態ならそれで良かった、と。

でもタクシン氏が帰国可能になる法案を、タクシン派が通したことで、

一気に過去の不満が爆発したとか。

 

2013タイ反政府デモ

 

具体的には、タクシン氏が首相時代、タイ国がミャンマーに金を貸し、

その金で自分の経営会社の携帯電話をミャンマーに買わせた件の汚職問題、

その件でも他の件でも、タクシン氏とその経営する会社が全く納税していない事、

そして過去にタクシン氏が国王になろうとしていた事、

この三点をみんな言います。

 

簡単に言うと、汚職・脱税・独裁の三点セットですか。

タイの国民も思ったほど所得が上がっていないことから来ているとの話も

ありますが、まだまだ生活に不満があるということなんだと思います。

 

そして3点目の自分が国王になる、自己神格化とでも言うのでしょうか?

これに対し、タイ人は特別な嫌悪感を持っているようです(タクシン氏に対し)。

これは現・タイ国王が圧倒的に支持されているからだと思いますが、

それにしてもそれはやり過ぎと普通は思いますよね。

 

そして今回のデモを主導したのが、野党民主党というより、大学教授や一般の

医師などが中心だったということもあるそうです。

日本の報道ではタイ民主党が主導したとの報道ですが、私の友人達にそんな

気は全くないようです。

 

なので以前は「赤VS黄色」でしたが、今回の自分たちは「グレー」だと

名乗っています。 グレーって、なんかイメージ悪いなと一瞬思いましたが、

とにかく以前のデモとも政党とも関係ない、そんな意識だそうです。

 

なので、一般の人もかなり関心が高く、大勢のタイ人が各演説者の話を

よく聞いています。 深夜というか、朝までTVを見ている人が多く、

前回とは問題にならないぐらい関心が高いです。

 

 

ちなみに仕事にはちゃんと行っていて、6時からデモに参加しているとのこと。

昼間から居るのは、「仕事しなくても良い連中だよ」なんて言って笑ってました。

前みたいに給料を貰って参加している人はいないとか。

*タクシン派は500バーツ/1日で、出てるそうです。

 

ただそうはいっても、公共の施設を占拠するとかいうやり方はどうなんでしょう?

デモというのは暴力的になりがちですが、そうなると基本、暴力で返ってきますよね。

現状を見ていると、なんとなく暴力に向かっているようにも見えますが、

前回は日本人の死者も出しているというのを忘れないで欲しいものです。

 

そしてタイ人が言うには、おそらく後2日位が山場なんじゃないかと。

インラック首相が退陣すればひとまず収まると言ってますが、

政権政党からすれば、それは民主主義に反するということにもなる

でしょうし、難しいところですよね。

 

そして、たぶんタクシン氏もここまで反対されるのは予想外だったんじゃ

ないでしょうか? 意外と簡単に帰国までは行けると楽観してたように思います。

ですがこれで、それが不可能なことはわかりましたね。

 

私にはそうなれば一番いいのかはわかりませんが、

タイが発展するように、国民が豊かになれるように動くようにして欲しいですね。

こちらも↓お願いします 😛
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

コメント