ニマンヘミン通り / タイ・チェンマイ

ニマンヘミン通り 観光・名所
スポンサーリンク

タイ・チェンマイのニマンヘミン通りと言うと、オシャレスポットとして、
日本でも紹介されています。

よく「チェンマイの表参道」なんて紹介されたりしていますが、
私のイメージはちょっと違います。

まずニマンヘミン通りと言うと、通りの名前でもあるのですが、
それよりもこの界隈一体のことを指す場合が多いです。

さらにタイ人が言う「ニマンヘミン」は、かなり広い範囲を指して
いる場合が多いです。 なので「通り」と書かないほうがよかったかも?ですね。

ニマンヘミン通り

ニマンヘミン通り

ニマンヘミンのどこに最初に行ったか?とか、案内されたか?などで
イメージが変わると思いますが、私の場合はこのあたりでお店をやってる
友人が多いので、上の写真付近のイメージが強いです。

実際にニマンヘミン通りという通りがあって、ここは完全な商業地なのですが、
ここはそれほどオシャレではないです。
普通の市街地の駅前みたいな感じでしょうか?
若者向けでは有りますが、日本食レストランが多かったり観光客向けですね。

ですが一本路地に入ると、ガラッと雰囲気が変わります。
道幅は狭いですが、一件一件の敷地が広く、ヨーロッパテイストの外観の建物が
並び、高価なブティックやスパ、ネイルサロンと共に、バーやクラブなど飲食店も。

ニマンヘミン通り

ニマンヘミン スターバックス

ニマンヘミン通り

ニマンヘミン通り ドゥカティ

タイのバイク市場は、日本車が圧倒的なシェアを持っていますが、
ドゥカティなんてあるんですね。
たぶんここ2~3年の間にできたのだと思いますが、ホンダやヤマハではなく、
ドゥカティのショップがあるところがニマンヘミン通りらしいです。

観光地でもあるので当たり前ですが、この付近も欧米系旅行者が非常に多いです。
そして日本人ロングステイの方もかなり多くすれ違います。
日本人が多く住んでいる場所でもあるんですね。

それから気をつけなければならないのが駐車場です。
人気のクラブ近くには、バイクもビッシリ並びます。
週末は車もスペースがほとんど無いほど埋まります。

ニマンヘミン通り

旅行ガイドを読むイメージとは、たぶんだいぶ違うと思うのですが、
どうなんでしょう?

ただ私の写真の撮り方が変なので、実際はもっとオシャレですし
高級感も有ります。 またそういったお店が多いのはガイド通りです。

でもここはタイ・チェンマイですから。
まだまだタイらしさを多く残しています。
街中でも大きなリスを見ることがよくあります。

ニマンヘミン通り リス

ニマンヘミン通り 飛行機

そういえばチェンマイは空港と市街地が近いのですが、かなり低空を飛んでいる
飛行機が見えてたまにビックリします。 上の写真ではそれ程でもないですが、
街中で低空をデカい飛行機が飛んでいると、ちょっと驚きますね。

話は変わりますが、観光でニマンヘミンに行くなら、夕方から夜がオススメです。
買い物メインで来るような場所では無いかな?と言う気がしますし、
夕方ならショップを散策しつつご飯やお酒も楽しめますよね。

それから若い人で賑わっているバーやクラブでも、普通にご飯も食べられますし、
みんなフレンドリーなので行く価値アリだと思います。
高価な日本食レストランに行くなら、混雑してるお店を3件ぐらいハシゴした
ほうが、全然安いしタイの雰囲気も味わえます。

あまり遅い時間はやめたほうがいいと思いますが、基本的には安全な街です。
注意点があるとすれば、「置き引き」ですね。

これはバンコクでも多いですが、財布は必ず身につけること。
バッグに入れて置くのは、どうぞ差し上げますと同じ事。
これはタイに限らず、外国ではそうですし、最近は日本でも同じですね。

ニマンヘミン通り

最後に↑もニマンヘミンの建築現場なのですが、この工法はすごいですよね。
日本ではあまり見ないですよね、こういうのは。

タイの家なんかもそうですが、建築工事している現場を見ていると、
「エ~ッ、これで本当に大丈夫なの?」と思うことがよくあります。

でも普通に大丈夫なんですよね。 これが不思議なことに・・・
まあ、この写真はそれほどおかしくないですが、たまにすごいのを見かけます。

コメント