タイ航空券をHISとJTBで予約して感じた事

スポンサーリンク

日本に住んでいるタイ人に、「タイへ帰る往復のチケットを予約して」と、
頼まれる事が以前からよくあります。

日本語が読めないタイ人には、日本の旅行会社でネット予約するのは
難しいですよね。

さらに最近は店頭や電話より、ネット予約のほうが価格が安いのが普通、
そこでよく頼まれます。

私の場合、タイ旅行の航空券は、バンコク滞在があるならホテル込みで
エクスペディア、チェンマイ直行でホテルなしの場合は
楽天トラベルでとっています。

航空券+ホテルやツアーで行くなら、エクスペディアが最安ですし、
航空券だけなら、いつも買い物してポイントを貯めている(笑)
楽天で、というのがいつも私のパターンです。
*楽天ポイントは楽天トラベルの場合、航空券一人で3万ポイントが上限

 

今回は「バンコク直行便を最安値で」という注文がついたので、
しっかり探すと、JTBとHISが同価格で最安値でした。
(最近のタイ航空券は、この2つが安いですね)

そこで早速予約を入れる事になったのですが、今回はJTBを選びました。
昔はよく使っていて、これといって不満がなかった。
それに旅行会社の日本代表みたいなイメージもあり、
出来ればココで買いたいという気持ちが、いつもあるんですね。

それに比べてHISは今までの経験上、電話で問い合わせると、
毎回のように態度の悪いオペレーターが出るので、イメージは最悪。
特に人にチケットを頼まれると、よく「ココを電話で聞いて欲しい」と
頼まれる事になるので、HISでだけは取りたくありません。

そんな理由でJTBで予約したのですが、これがもうガッカリです。

 

一連の流れを書きますと ・・・

まずチケット検索から、希望の航空会社と便を選び空席確認。
無事空席で予約しようとすると、まず会員にならないと
ダメだと出ます。

よくある会員登録と同じ内容で入力し、メールで認証作業。
ここまでは普通の手続きですし、あり得ることですよね。

そしてどの後、ログインしてマイ日程表というのを作らないと
いけないとのことなので、面倒だなと思いつつやろうとすると、、、

まずログインが何回やってもエラーになります。
ん?と思ってよく見ると、メールに20分のみ有効のパスワードが
書いてあるので、それでログインとのことでした。

これ、空席照会の時のメールなので、もう余裕で20分オーバーです。
メールにはもう一度パスワード発行して・・と書かれていますが、
肝心の再発行手続きに関して何の記載も無し。

仕方なく、もう一度HPを開いてさっき設定した会員IDとパスで
ログイン、すると「ログイン中」の表示が。
ん?と思って、さっき空席確認したチケットの手続きをしようと
ページ内を探しても、そんなコーナーはどこにも無し。

マイ日程表もあるけど、何の登録も無し、、、
まさかこれ、最初からやり直しなの?、、、、、もう絶句です。

また1からJTBのTOPページに戻り、チケット検索、空席確認、
その後マイ日程表を作り、そこからチケット予約になります。

すでに、ここまでの所要時間は、約1時間です。
他人のためになぜこんな事をと、思いながらパスポート情報やら、
クレジットカードの情報を入力。

ようやく終了し、本人に「チケット取れたよ」と伝えます。
翌日、Eチケット(または控え)を送ってほしいというので、
それはそうだなと思いながら、メールをチェック。

そしてEチケット控えのページで保存しようと思ったのですが、
保存のボタンは見当たりません。
普通はPDFで保存出来ますよね、どこの旅行会社でも。

ところが印刷のボタンしかありません。
実はこれ、今日の話なんです(笑)。
ちょっと皆さんにお聞きしたいのですが、プリンターって
どこの家庭にでもあるものなんでしょうか?

私は以前、仕事の関係で持っていたのですが、トラブルが絶えず、
また、最近はコンビニでスキャンもコピーもプリントも、
何でも出来るので捨ててしまいました。
個人レベルなら、コンビニのプリンターで十分ですよね。

でもこのJTBのEチケット控えはPDF出力も無し、その他形式での
保存も無し、これではプリンターがない人はどうするんでしょう?

JTBのヘルプには、「必ずこのEチケット控えを印刷して
持ち歩くように」 とあります。

*自宅にプリンターがないと、プリンターがある場所でネット接続、
ログイン、印刷の作業をしなければなりません。

というか、外国はスマホにEチケット(控え)のファイルがあれば、
それを見せるだけで搭乗できますよね。

もちろんJALでも出来ますが、画像やPDFで保存が出来ないため、
いちいちその場でログインしなければなりません。

このJTBの予約って、誰でも簡単に行くのかなぁ?

これ相当電話で問い合わせる人がいると思うけど。

そして今回チケットをとった友人の友人が、また頼んで来ました(泣)。
なので今度はHISで取りましたが、これも結構面倒でした(笑)。

JTBもHISも楽天トラベルやエクスペディアで慣れた人には、
めんどくさ過ぎますよ。

HISはEチケットのPDF出力は出来るのですが、これも見づらい。
というか見つけづらい場所にひっそりと(笑)。

*確か確認ページの一番右上にあったと思います。

まだ全部終わっていませんが、正直かなり疲れました。
というより、心配になりましたね。
JTBもHISもアカウントがあれば、随分違うと思いますが、
商売の基本は新規の客をいかに獲得するか?ですよね。

ネット業界では楽天やアマゾンの人気が断然で、他がどんどん潰れていく
という意味が何となく分かった気がします。

 

コメント