タイでオリーブの木を育てる

家・ガーデニング・DIY
スポンサーリンク

2018年の6月からタイ・チェンマイに住んでいますが、こっちに引っ越してきた時にバンコクに住んでいるタイ人の友人から「オリーブの木」と「ブルーベリーの木」を引越し祝いに貰いました。

引っ越してきたその日に貰ったのですが、このオリーブとブルーベリーは日本で購入したとのことです。

オリーブは貰った当時、約30cm、ブルーベリーはもう少し大きくて40cm程度だったと思います。

このオリーブとブルーベリーの木は、タイの友人が日本から持ち帰ってくれたものです。*オリーブ3,ブルーベリー4です。

この友人はバンコクで植物を作り輸出する仕事をしているので、日本の植物を買い付けに行った際に一緒に持ってきてくれました。

友人は、あまりタイにはない植物で、タイでも栽培できそうなものを選んでくれたようです。

プロがそう言うので、もし枯らせてしまったら大変です。普通に育てれば問題ないと言われましたが、かなり気を使って育てています。

オリーブが5ヶ月後にどうなったか?

オリーブもブルーベリーも貰った時は鉢植えの状態でした。

ただし日本からタイに持ってくる時は、土を全部落として植物のみの状態だったそうです。

最初は大きめの鉢に移しましたが、1ヶ月ほどでかなり大きくなってきたので地植えにしました。

ネットでオリーブの育て方を調べ、その通りに地植えしました。

ポイントは、

  1. アルカリ性の土
  2. 日当たり良好
  3. 水はけが良い

と、この3点だけだったので簡単でした。

ただ最近思うのは、日当たりが良いというのは日本の話で、タイで日中太陽が当たり続けている場所はマズいかもしれません。

地植えにしたのが7月頃で、すぐに雨季に入ったので大丈夫でしたが、これから来る暑さの厳しい時期は問題がある可能性があります。

 

それはいいとして、今このオリーブがどうなったか?

測ってみたら、150cmオーバーでした。

5ヶ月ちょっとで1m20cmも伸びるのって凄くないですか?

鉢植えの時もやけに伸びるのが早いな、、と思っていましたが、地植えにしたらさらに成長が加速し、あっという間にメーター超えです。

しかも横にもどんどんデカくなっているので。周りに別の木を植えることができなくなりました。

 

オリーブは成長が早いらしい

いろいろ調べてみましたが、オリーブは普通に成長が早いらしいです。

それにしても、こんなに早いのかな?とは思います。

それと一つ気になっていたのは、オリーブは乾燥を好むという性質。

多くのWEBサイトでそう書いてあるのですが、私がオリーブを地植えにしたのは雨季です。

タイの雨季ですから、日本の梅雨どころではありません。

毎日がゲリラ豪雨。でも結果的に問題はありませんでした。

タイの場合、雨季と言っても一日中降っているというわけではなく、晴れる時間も結構あります。

日本の梅雨のようにどんよりした天候が続くのではなく、ドカ降りと晴天を繰り返すような感じです。

まあ、水はけはとても良いので、乾燥でなくても問題なく育ったようです。

 

他の2本も育ってきた

3本もらったオリーブですが、1本だけ特別成長が早く、もう2本はそこまで大きくはなっていません。

とはいっても、両方共に倍以上は余裕で成長しているので、やはり早いですね。

3本は全て種類の違うオリーブだそうなので、品種によって成長の早遅があるのだと思います。

なんでもオリーブは別の種類が近くにないと実がつかないとかで、友人が気を使って3本持ってきてくれたようです。

これはブルーベーリ-もそうらしいです。

まあ、実がつくというのはいいですよね。

美味しいならなおさらですし、仮に美味しくなくてもなんとなく見た目が良い。

 

ブルーベリーは不調

またブルーベリーの方ですが、こちらは最近まで鉢植えにしていたからか、あまり成長していません。

ブルーベリーはオリーブとは反対に酸性を好むそうなので、そのとおりにして植えていましたが、最近まで目立った成長は感じられませんでした。

かといって枯れるとか、元気がないということもなく、多少の成長で止まっていました。

そこでなんとなく、ブルーベリーも地植えにしてみようと思いたち、すぐに取り掛かります。

ここで驚いたのが、ひどい根詰まりを起こしていたことです。

鉢はかなり大きめのものにしたのですが、その鉢の中で根がギシギシになっていました。

これでは成長するわけないなと思いましたが、ブルーベリーもほんの数ヶ月でこんなになるまで根が出るものなんだなとビックリ。

今は地植えで、かなり広々と植えたのでこれから成長してくれるでしょう。

 

友人がビジネスしているホヤとういう植物

このオリーブとブルーベリーの木をくれたタイの友人ですが、家族で蘭を造って海外に売る仕事をしています。

今回も、ちょうど私が日本を発つ少し前ころに、東京ドームで植物市のようなイベントがあり、その関係で来日、ついでにオリーブとブルーベリーを買って帰ったとのことでした。

で、この友人家族が主に造っているのが「ホヤ」という植物。

これが中国で大人気で、ほぼ中国向けに造っているそうなのですが、実はこのホヤが結構良い商売になるのだそうです。

このホヤですが、タイ人は「ホーヤ」みたいに発音をします。

この友人家族は私が初めてタイに来た10年前ころからの知り合いですが、最近はイキイキして調子が良いのが見て取れます(笑)

たぶん結構儲かっているのではないか??と見ていますが、どうなのでしょう。

ちなみに中国だけでなく、シンガポールにも頻繁に出かけているので、シンガポールにもかなりの量を出荷しているのかもしれません。*買い付けているのかもしれませんが

 

うちが植物園状態

そしてこの友人がうちに遊びに来る度にホヤをお土産に持ってくることと、義理の弟がこのホヤが大好きで、こちらもうちに来る度にホヤやら別の植物やらを山のように買ってきます。

数十個ならいいですが、今では数百単位です。

 

で、今ではうちが植物園状態です。

うちの他にも、近くにある別の土地にも植物を置いているので、今ではカムティアンの市場で店を開けそうなほど植物だらけです。

まあいいのですが、これだけあると水をやるのも一苦労です。

最近シャワーやホースなどを買い揃えて、簡単に水をやれるように整備しましたが、これだけの量を面倒見るのはやはり大変です。

ポチッ↓とお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

 

 

 

コメント