タイ 90日レポート/2019年2月、チェンマイでは少し変わったようです

移住生活
スポンサーリンク

2019年に2月19日に、90日レポートを出すためにチェンマイイミグレーションに行ってきました。タイの90日レポートは指定日の前15日、後7日の間に手続きを終えなければならないというルールがあります。前回はインターネットで手続きしたのですが、今回はイミグレに直接出向きました。

タイ 90日レポート 2019年2月現在、オンラインは使えない

そうなんですね、わざわざイミグレに出向いた理由は、オンライン申請が出来なかったからです。 この出来なかった理由ですが、私が何かミスをしたのではなく、おそらくオンライン申請のシステム上の理由だと思います。 一応私もIT関連の仕事をしているので、それなりに知識はあります。この2019年2月中旬は、何かの理由で90日レポートのオンライン申請は出来なかったのだと思います。
またイミグレの職員に聞きましたが、「そうね、今は出来ませんね~」と普通に言っていました。
ということで、時間的に他に方法がなかったことから、仕方なく直接出向いたというわけです。

90日レポートのレシートは最新のものをパスポートに

前回イミグレに来たときは、チェンマイのイミグレが空港近くに移転してすぐのときでした。なので、今回来たらかなり様子が変わっていたので、少し戸惑いました。

そこで近くにいた職員に、90日レポートはどこ?と聞くと、すぐ正面だよと教えてくれます。するとこの職員の男性は「書類チェックしてあげる」と言います。「おっ、ラッキー」と思い、書類を渡すと、それを見た後に私の連れのタイ人に長々と説明を始めます。

今回は家族が皆、用事があったので、タイ語しか話せない親戚に車で送ってもらいました。なので、タイ語の分からない私とは会話不能(笑)。まあ、慣れてますけど、こういう場所では結構面倒でした。

要点だけ言うと、「あなたは前回の手続きから90日以上経っているので、まずは罰金を払う必要がある・・・・」とのこと。

「はぁ?この紙のココに指定日が書いてあるけど過ぎてないよ」と言っても、この職員は私が出している書類を見ずに、私の連れのタイ人に延々と説明しています・・・
そして連れの親戚タイ人は、私を2階の「罰金支払い窓口」に連れていきます(たぶん)。でも、「いいや違うんだ、違反してないから!」と、さっきの場所に戻り、指定日の入った紙をその職員に見せました。すると、今度はえらく早口の英語で私に説明。要は罰金を払ったときのレシートを持ってきてくれ、ということらしい。それを聞いた親戚は、早く帰ろうと車に向かいます。私は「ちょっと待って!」と引き止めます。

前回オンライン申請をした時の紙を自分でパスポートに付ける必要がある

これ、そもそもの間違いは、私のパスポートに前々回の90日レポートのレシートがホッチキスで止めてあったからなのです。*前回のものも同じ場所に折って挟んでいました。
どうやらこの90日レポート、オンラインで手続きした場合、前のレシートを外し、新しいレシートを自分で止めなければならなかったようなのです。
初回は無申請で罰金、二回目はオンライン申請。
で、今回が三回目。そんな事どこにも書いてないぞ!と思いましたが、まあね、同じ場所に貼ればよかったかも・・と思い直します。でもパスポートに貼り付けられたら、それはそのまま、新しいものを一緒に出すのかな?と思いません??

こういう風に折って止めるのがルールだそうです。ちなみに、この日付から前15日、後7日ということですね。オンラインの場合は、この日付より前、7日から15日が申請可能期間です。この日付から数えましょう。

イミグレでは担当者にのみ質問するのが正解

イミグレとか、最初はよく意味がわかりませんよね。どこで何の手続きをするのか?何が必要なのか? タイの場合は、公式HPに明記されていてもルールが変わっているなんて普通のこと。
なので、とりあえず職員に確認したくなります。でもこれが間違い。
90日レポートの事は、インフォメーション前(チェンマイ入管の場合、建物入り口横)のインターンみたいな人に聞くべきです。
彼・彼女等は、ビザ取得や90日レポート手続きの人ばかりを相手にしているので、非常に手際が良い。
すると、こんなふうに教えてくれ、書類をササッとまとめてくれました。*これはチェンマイ入管での話です。他の場所のことはわかりません。

  • 申請書(TM47)はパスポートのビザのスタンプのあるページに挟む
  • 前回の90日レポートの紙はその部分が見えるように折って最後のページにホッチキスで止める
  • 出国カード(TM6)は最後にタイに入国したスタンプのページに挟む(止める)

これ持ってインフォメーションに並んで番号札をもらって、もらったら1番のカウンターの前に座ってね。

いや、最初からこの人に聞けばよかった。 そういえば、最初に聞いた職員は、レシートを探してこないと手続きは出来ない。居住地の代表者のタビアンバーンも必要、なんて全く意味不明のことを言っていました。

タイは、こういう訳の分からないのがたまにいます。まあもう慣れているので、こういう話になったら無視して、すぐに去るようにしています。

最近の90日レポートの変更点

まず必要書類が少なくなりました。前述しましたが、一応書いておくと。
*これはチェンマイ入管での話です。他の場所のことはわかりません。

  • パスポート
  • 出国カード(TM6)
  • 申請書(TM47)

以上です。前はいろいろとコピーが必要でしたが、今はさっぱりしましたね。
またオンラインの復旧については、全くわからないとのこと。
まあそうですよね。

でも、この書類の簡素化効果なのか、全然並んでいませんでした。私の前は一人だけだったので、5分も待たずに手続き終了です。つい半年前は、50人以上並んでいましたので、ずいぶん楽になったものです。

またビザの更新のカウンターも空いていました。ビザ更新はもともと少ない人数しか受けられませんが、今は他の用事の人とゴチャ混ぜになっていないので、かなり雰囲気が良くなったと思います。

申請用紙のダウンロードはこちら=TM47

チェンマイ入管の駐車場

これは以前来た時に、かなり厳しいと書きました。こちら=タイで結婚ビザを取った話

ですが、今回は誘導役の駐車係の人がいたので、駐車スペースの確保もかなり改善されました。駐車スペース自体は多くありません。というか、少なすぎるのでは?と思います。おそらく混雑時は門を閉めるのではないか?と思いますが、通常時なら待っても10分で駐車できそうです。

奥にも駐車スペースがあったはずなので、そっちを開けるのかもしれません。いずれにしても、車での来場も楽になりました。

そういえば、入管前のガソリンスタンドの駐車場は相変わらず満車状態。今はアッチより良いと思います。エアポートデパートから歩くのも結構距離ありますよね。途中車道を歩いたりして危ないし。割と停めやすいので、今は車で行くのも悪くないと思います。

ポチッ↓とお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント