タイは賄賂大国?タイ通が語る「タイでは2000バーツも握らせれば・・」は本当か?

移住生活
スポンサーリンク

私が初めてタイに来たのは、今から12年前。

友人にはタイ旅行経験者が多く、さらにその旅行でタイが気に入り、タイに長期滞在するという人が結構な数いたのですが、そういう友人達がしきりにタイ旅行をしていた時期は、だいたい20年くらい前だったと思います。

なので私の場合、中年と呼ばれる年代としては、少し遅いタイデビューだったと思います。

そんな私がタイ通の友人達に「今年からタイに移住する」と言った時、みんなが必ず言うことがありました。

それが 賄賂 です。

 

2000バーツが賄賂の相場?

これ本当にみんながみんな、口を揃えて言っていました。

例えば、

  • タイで車の免許取るときなんて、書類の裏に2000バーツも一緒に渡せばOK!
  • タイで飲酒運転で捕まっても、1000バーツも握らせれば見逃してくれる!
  • タイのビザ更新なんて、申請書と一緒に2000バーツも忍ばせておけばすぐだから!

他にもいろいろありましたが、元タイ通の友人達は皆こんな事を言っていましたね。

ですが、これ私の周りだけでは無いと思います。タイにこんなイメージを持っている日本人は少なくないように思います。

 

そしていつも思ったものです。「そんなことが可能なら、免許もビザの更新もすぐ終わるじゃないか・・」と。

そうです、私はそんな話も悪くないじゃないか!思っていました(笑)。

何時間も並んで面倒な思いをするくらいなら、5、6千円で終わりに出来る。そもそも日本だったら、早朝から並んでいろいろ手続きをした上に、それ以上の金額だし。

 

そしてなぜか聞く賄賂の金額がほとんど2000バーツ。*たまに1000バーツ。

なぜ2000バーツが賄賂の相場になったのかはわかりませんが、「2000バーツくらい握らせれば・・」なんて、よくやっていたかのようにみんなが言っていましたねえ。

まあ今でも昨日のことのように話す私の友人達ですが、彼らがタイ通だったのは20年も前の話。彼らのタイに対するイメージ(経験)は20年前で止まっています。

 

でもタイに10回以上来ている私は、一度も賄賂を払ったことがない・・

こういう話を聞いた時に、「へえ、そんな事があるのか」と思うと同時に、私はこうも思っていました。

10年以上も前から、毎年タイに最低1ヶ月以上は滞在してきている私なのに、なぜ賄賂を払ったことも、要求されたこともないのだろう?

私は過去、タイに滞在している時は必ず毎日、車かバイクを運転しています。

そして警察の検問を何度も受けています。*言葉がわからないので何の検問かはわかりません。

罰金を取られたこともありますが、ちゃんとレシートももらいました。

そして今回のタイでのビザ更新でも、運転免許取得でも賄賂を払っていませんし、要求もされていません。

そこで運転免許取得前に、妻に聞いてみました。

 

賄賂を渡して免許取ることって出来るの?

タイで自動車免許を取った話は、こちら → タイで車の免許を取った! 【新規取得】日本の免許無し に書きましたが、この時、朝から並んで、翌日にまた来てくれと言われたり、自信満々だった学科試験に連続で落ちたりと、「もうメンドクセー!」と思ったので妻に賄賂の件を聞いてみたのです。

そうすると、「昔はあったみたいだけど、最近は全然聞かないし、誰にお金払うの?」との返答。

ま、それはそうか。まさか受付のオバさんに、「賄賂ココっすか?」なんて聞けるわけもないし、全員に払ったらとんでもない額になるだろうし、「内密に偉い人に会わせてくれ」なんてのも言えるわけもなし・・

私のタイ通の友人達が言っていたように、申請書の下に2000バーツを忍ばせておけば、勝手に免許ができてくるのか(笑)

いや、ハッキリ言いますが、それは無理ですよ。

だって田舎の試験場でも、受付付近に7、8人の職員がいます。さらに別の場所にも多くの職員がいる。賄賂があると仮定しても、所長一人が総取りするというのはあり得ないでしょう。

ある程度、みんながグルにならないといけない。そうすると割合は違うにしても、人数分で割らないといけない。

免許証を一つ作るにも、受付、試験官、実技試験官、講習の教官、写真を取って交付する職員、それぞれの助手、全員を買収しないといけないわけです。

それを数千バーツでやります?一人250円くらいもらってもしょうがない、賄賂を取るなら数万バーツでないと成り立ちませんよ。

日本でも、もし自動車免許が賄賂で作れるとしたら、その相場は最低でも50万円以上ですよね。たぶん100万くらいいくのでは無いでしょうか?タイでも、もし賄賂が効くなら、最低2万バーツは必要なんじゃないかなあ?と思います。

 

そういえば、妻の親戚は公務員だらけ。軍人や役所務め、学校職員等がいて、少し前にリタイアしましたが警官もいます。

なので賄賂が効くなら、親戚の誰かがなんとかしそうなものです。

さらにイミグレと同じく、運転免許試験場にも妻の学校の先輩が勤めていました。

こういう状況でも、誰一人ワイロの話はしません。

私が全てを知っているわけでは無いですが、現実はそういうことなんだと思います。

私が思うに、タイで賄賂があるとすると、町の通りで駐禁を見逃して300バーツとか、または日本の大企業が工場を誘致するので条例を捻じ曲げる為に数千万バーツとか、数億バーツとか、そういうのなら日本よりあるような気がします。

ちなみに、私は交通違反等で数百バーツの賄賂を払ったことも、要求されたこともありません。

 

車とバイクの運転免許が、7000バーツですぐに出来るよ!

そうそう、運転免許試験場でこんな事がありました。

試験場の帰りに車に乗り込もうとした時に、駐車場に座っていた男数人の内の一人が近づいてきて、こう言いました。

「7000バーツでバイクと車の両方がついた運転免許取れるけど、どう?」と。

Tシャツに短パンでサンダル。職員が言ってくるならまだしも、その服装でオマエはアホか?と完全に無視。

ですが、帰りの車の中で妻がこう言います、「車とバイクはいいね」。

まあ確かにそうかも、とも思いましたが、「7000は高過ぎる」と言うことで意見が一致。

もちろん、高い以前に信用できないのがありましたが。

 

バンコクでは1500バーツ

この話を、現在日本に住んでいるタイ人の友人(40代女性)に話してみました。

すると彼女は、「私も20年以上前に、バンコクの試験場で1500バーツで作ると言われたから作ったよ」と。

マジか?と思い、詳しく聞くと、こういうことでした。

頼んで半金を払い、1時間後にもう半金と現物を交換する事に。

そして1時間後にもらうと、明らかな偽物(笑)。

「オイオイ、こんなんじゃダメだ!」と言うと、相手はこう返してきたそうです。

「確かに本物と少し違うように見えるが、実はコレ、警察にも話が通っているものだから大丈夫なんだ!」

いや、あり得ないだろう、と思いながらも、相手はさっさと逃げてしまったので仕方なく彼女は納得。

 

そして、その後どうなったのか?知りたいですよね。その免許を使ったのか?

もちろん彼女、警察に停められた時にこの免許証を出したそうです(笑)

すると警官はそれを見て、「何かがおかしい」と言っていたが、本物なのか?偽物なのか?の判断がつかず、そのまま行っていいよ、となったそうです。

何度か停められ、同じことになったが、その都度偽物なのかが警官に判断できずそのまま放流(笑)

私が彼女に、「それが警察と話がついているの意味なのか?」と聞くと、「そんな訳無いでしょ」。

彼女が言うには、当時は免許証にはバーコード的な識別可能なものが入っていなかった。だから警官も本当に分からなかったんだよ、との事。

これは20年以上前の話ですが、未だにタイの試験場周辺には、偽物免許を売る連中がいるので注意して下さい。

ちなみにこの友人、今はちゃんと本物を取得しています(笑)

 

出世したタイの公務員の友人の話

今回の賄賂は、タイの公務員の賄賂についてです。

すごく並ぶ病院や、予約が取れない人気店なら、多少渡せば融通が利くと思います。でもそれは日本でも、どこの国でも同じですよね。*日本の病院はないかな?

 

そのタイの公務員ですが、私の友人にかなり出世した人がいます。

この人、親が要人とかリッチとかではなく、実力で出世したようです。*分かりませんが、両親も知り合いですがごく普通の一般家庭、大卒なので学歴はあるのですが、それは同僚も同じ。なのでなにかで結果でも出したのでしょうか?

 

私がこの人と10年ぐらい前にした会話ですが、こんなのがありました。*妻の通訳ですが(笑)

すでに当時そこそこ出世していた彼が、私が乗っていた車を見て「いいなあ、オレも車が欲しい」と言います。

この車、ISUZUのピックアップで、新車でしたが特別高いクルマでもありません。というか、タイではよくある車です。

私は、「君は出世して給料もいいのだろうから、車ぐらい買えばいいじゃない。金利も安いんだし」というような事を言ったと思います。

すると彼はこう言いました、「この前、家を建てたばかりだから、調査されるから面倒くさい」と。

誰に何の調査をされるの?と聞くと、「我々が高額なものを購入すると、すぐに調査が入る。銀行から不動産から調べられて、いきなり家宅捜索されることもある」と言っていました。

本当は彼が何の仕事をしているか書きたいところですが、本当の話なので、もし迷惑がかかったら困るので書かないでおきます。ですが、賄賂を取れば大きく儲かるジャンルの一つ、代表格です。

タイでは何でも許される、賄賂取り放題、そんな風に言われていますが、実際の公務員はこんな風に調査されているのです。

賄賂取ってるようなヤツは銀行なんかに金を預けないだろ?とも思いそうなところですが、タイでタンス預金は有り得ません。タイの家ですから鍵なんて無いも同然です。

知り合いに預ければ?なんて思うかもしれませんが、そんな事をしたらそのまま逃げられる確率が高いです。知り合いに、何の意味もなく大金を預けるなんて誰もしないでしょうし。

大金を隠すのはかなり難しいですし、税務署的な機関か?内務調査的な機関か?までは分かりませんが、高額品の購入に目を光らせている機関がある以上、賄賂に対する抑止力はかなり効いていると思います。

 

タイは公務員でもアルバイトOKだが・・

タイでは公務員が、その仕事と関係のあるアルバイトをするのもOKのようです。*詳しく確認していませんが

バイト代にももちろん納税義務がありますので、公務員がバイトで大金を稼いで納税し、その上で家や車を買うのはOK。

ですがタイで公務員が、その給料以上の額ををバイトで稼ぐというのは相当難しいです。

というか、富豪の子供が実家を手伝うとかで無い限り、公務員の給与をバイト代が上回ることは無いでしょう。*まあ日本でも同じだと思いますが、日本より難しい事は間違いありません。

なので、タイでヒラの警官がフェラーリに乗ってるとか、税関職員が豪邸を建てたなんて話を聞くことはまず無いと思います。

この辺は日本より徹底していますよね。

 

タイの賄賂についてのまとめ

ということで、「誰かが言っていたから」なんて理由で、書類の下に2000バーツをこっそり・・なんてことは止めておいたほうが良いと思います。

多分取られて終わりのような気がしますし(笑)。

それに、「飲酒運転で捕まったら金を握らせる」とかもよく聞く話ですが、私は信じないほうがいいと思います。

こういう話は日本にいる時に、友人の元タイ通から散々聞きました。

入管で並ばない話、飲酒で停められても大丈夫だった話、マリファナ所持でも大丈夫だった話・・・

元タイ通の友人達は「タイはいいぜー!」のように、本当かウソか分かりませんが、こういう事を私に吹きまくっていましたが、タイで自由に生きているこの私が、全く賄賂を払っていないし、要求もされないのが現実です。

私の意見ですが、タイ(チェンマイ)で賄賂を払うことも、強要されることも無い。日本と何も変わらないということです。

もちろん、これは移住して生活するとか、旅行で遊びに行くという人の話です。

指名手配になったからタイに逃げ込みたいとか、大量のドラッグを日本に持ち帰りたいとか、タイでパチンコ屋を経営したいとかなら、私には分かりませんが賄賂もあるのかもしれません。

ですが悪いことをするなら自国でやったほうがいいですよ。

外国で刑務所に入るとか最悪じゃないですか。タイに知り合いがたくさんいるならまだいいですが、旅行で来て賄賂を払わなければならないような事はしないに限ります。

ということで、タイでなにかしても賄賂でなんとでもなるというのは間違った考えです。

ポチッ↓とお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント