タイでスピード違反の罰金を払った!

タイ スピード違反 罰金 移住生活
スポンサーリンク

この前、友人の家に遊びに行ったのですが、その時にスピード違反をしたらしく、自宅に罰金の納付書が送られてきました。

私の場合、過去にタイで交通違反で捕まった事が3度ありますので、今回が4回目になります。

1度目は無免許運転。2度目はスピード違反。3度目は無免許+検切れ+無保険。まあ日本だったら、これだけ見ると、どうしようもない犯罪者ですよね(笑)。

そして今回の4度目がスピード違反。ただ今回は日本で言う「オービス」に捉えられたようで、罰金の納付書が、その時の画像つきで送られてきました。

チェンマイーランパーン間の道路は最高!

私は、車でもバイクでも普段からスピードを出すタイプではありません。というより、結構安全運転な方だと思います。

実はこれには理由があります。私は過去に視力矯正手術を受けていて、この影響で暗い場所での視界が良くないのです。といっても運転の場合は、必ずライトで照らすので、そこまで視界に影響はありません。ですが、夜はなんとなく視界が限られているような気がするので、自然と安全運転が当たり前になりました。*今は昼も夜もです。

なのでガンガン飛ばすなんてことは殆どないのですが、このチェンマイーランパーン間の道路では、確かにかなり踏んだ記憶があります。

というのも、この道路が舗装といい、勾配といい、カーブといい、晴れていればドライブには最高のコンディションだからです。

なんでもこの道路はバンコクまで続いているそうなので、バンコクナンバーの車も多く走っていました。で、このバンコクナンバーの車(チェンマイから帰る車ですね)が、いい車が多い!

メルセデスやBMWはチェンマイでもよく見かけますが、ここではフェラーリ3台連れに出会ってビックリ。タイでフェラーリは車高の関係から大変だろうなあ、なんて思いながら見ていましたが、コーナーを張り付くように回る姿には思わずついて行こうと頑張ってしまいました(笑)。

私の車はSUVなので、アッという間に置き去りにされましたが、一瞬でしたがすごく楽しめました。この道路はスポーツタイプの車が欲しくなりますね。こんな気分になったのは、タイで初めてのことです。

36キロオーバーでアウト、でも罰金は?!

このスピード違反、90キロ制限のところを126キロで走っていたとのこと。

うう、マジか・・と思いましたが、罰金の額を知る前に、ここでの走行があまりにも気持ちがよく、途中150キロで走っていたのを思い出し、126キロで良かった・・とホッとしていました。

そして罰金は高いのかな??なんてビビりながら見てみると・・・

ん?500バーツ、ええっ、それだけ?と大きくビックリ。

36キロオーバーで罰金1500円のみとか、日本では考えられませんな。

それより、普段は安全運転の私ですが、あの環境でスピードを出さないのは難しいな・・と、今でも思ってしまいます。 それほど道路環境がいいのです。

注意点

ここは道路の幅も広く、カーブは多いですが見通しがよく、路面もいいです。途中、下りの高速コーナーが連続する場所はありますが、そこまできついコーナーではないので、多少飛ばしていてもアウトにぶっ飛ぶ事はないと思います。

まあ危険といえば、車線をはみ出して運転しているドライバーが多いことですね。これはタイのお国柄なのか、車線を大幅にはみ出して走行する車が多いことを想定していないと危険です。

例えば、少しきつい右コーナーがあるとします。普通は減速して車線の中を余裕を持って回りますよね。

ところがタイでは、右コーナーのエイペックス付近で、左車線の車が右車線に半分ぐらい平気で入ってきます。*左コーナーなら逆になります。

なので右コーナーで左車線の車を追い抜こうとすると、かなり接近される事になります。当然左コーナーの場合は、自分より高速の車が左に割り込んでくるわけですから、余計に危険になります。

まあ、わかっていれば、対処できるので問題ないですが、最初は「なんて運転してんだ!」と驚きました。

過去の違反について

タイで過去に犯した違反について、少し書いておきます。

  • 無免許
  • スピード違反
  • 無免許+検切れ+無免許

これ、日本でやっていたら、救いようのないバカですよね。本物の社会不適格者です(笑)

ところが、この国ではやってしまうんですよね、なぜか・・・

ちなみの本当のことを言うと、2つ目のスピード違反時も無免許でした。

ただし3つ目ですが、無免許は言い訳出来ませんが、検切れ+無保険は親戚の車だったので知らなかったのです。もちろん、保険とか入ってる?と確認しました。*無免許のくせにずうずうしいですが・・

このいとこは信用できる人だったので、普通に信じたのですが、勘違いしていたそうです(笑)

もちろんワイロなんて無し、全てレシートももらっています

また以前、タイのワイロについて書きましたが(こちら=タイのワイロ)、もちろん私はいまだにワイロを払ったことも、要求されたこともありません。*されたらここで書きますね。

というより、ワイロどころか3回目に関しては、変なやり取りがありました。

この時(というか、3回全てですが)は、検問で引っかかりました。

片側3車線の道路を1車線にして、私の側では2名の警官が取り締まりをしていたのですが、すぐ近くに車を押収?する場所と、仮設テントの受付のようなものがあります。

おそらく規模的に、通常の取り締まり+違法薬物の取り締まり(こちらが本命)の最中だったのだと思います。

私の場合、検切れですので、日本人には分かりにくいですが、警官がみれば一発ですよね。

そして保険も切れていると想定できます。ですがこの時に警官は、免許書を確認させてください、問題なければ、すぐに対処するということで今回は不問に・・と言われました。

ですが無免ですから、仕方がなく私はパスポートを出します。なぜかパスポートを見せると、それで終わりということが何回かあったので、なんとなく出してみました。

ですが警官に免許はないのですか?と聞かれ、「無いです」と正直に答えます。

すると、「いや、いくらなんでも3個の違反は見逃せない。1つだけ払ってください」と言われます。そして本来なら、確か2000バーツの罰金が、確か無保険のみの違反で500バーツに。言われたとおりに、すぐ近くのテントで500バーツを納付し終了。もちろんレシートももらっています。*ペラペラの透明度のある白い紙に違反の旨の文章等とスタンプですね。

もちろん私は、政府高官でも実力者でもありません。今でも日本では納税していますが、タイではワークパーミットもないので無職ですし、納税もしていません。

それでもワイロを要求されたことは一度もないですね。何回もワイロを要求された!という人と、私の差はなんなのでしょう? 

少し補足すると、私を一見して善人に見えるか?悪人に見えるか?と問われれば、9割が悪人と答えるような気がします。*必ずどちらかを選択という条件で、あくまでも見た目のみです。

なので、ルックス的に好感度が高いということは、ほぼ無いでしょう。

ん~、何でしょうね?住んでる場所でしょうか? ローカルな場所に住んでいて、街には月に2,3回しか出ないので、それですかね?

ポチッ↓とお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメント